全日赤 日本医労連全日本赤十字労働組合連合会 働くものの権利を守り、患者さんが安心して医療・看護を受けられる日赤を 全日赤 日本医労連全日本赤十字労働組合連合会 働くものの権利を守り、患者さんが安心して医療・看護を受けられる日赤を
全日赤紹介
全日赤の考え
機関紙「日赤労働者」
単組・地方協の取り組み
全日赤の動き
専門部
組合用語集
リンク集
カレンダー
会員専用
個人加盟労組のご案内
 
 
ホーム 戻る
HOME機関紙「日赤労働者」目次>機関紙「日赤労働者」
機関紙「日赤労働者」

働き続けられる保育園めざし 釧路さかえ保育園労組結成 園長のパワハラはね返し団結

“保育園に組合が必要”と学習をすすめて

前列の6名が全日赤さかえのみなさん(1月30日、全日赤さかえ結成大会にて)
前列の6名が全日赤さかえのみなさん(1月30日、全日赤さかえ結成大会にて)

 1月30日釧路さかえ保育園労組の結成大会が開かれ、組合結成と全日赤・道医労連加盟、釧労連加盟など決議し、日本赤十字社釧路さかえ保育園労働組合(略称「全日赤さかえ」)が誕生ました。
 釧路さかえ保育園では、長年施設長によるパワハラに職員が苦しんでいました。このままでは働き続けられず、園児にも悪影響を与え保育園がダメになってしまうと危惧した職員が、パワハラをなんとかしようと立ち上がりました。そして全日赤個人加盟労組に加入し、団交で施設長を追及してパワハラを二度と起こさない約束をさせました。
 その後はあからさまなパワハラはなりを潜めていますが、ほとぼりが冷めるのを待っていたかのように、パワハラが再び頭をもたげて来はじめました。
 個人加盟労組に加入した組合員は、パワハラの再発を防止するには、さかえ保育園自体に組合が必要であること、組合をつくって団結した力でこそパワハラは跳ね返せること、何よりも園児の健やかな成長を支え、健康で明るくいきいきと働き続けられる職場を作っていくためには組合が必要であることを学習し、意思統一して、組合結成へすすみ、全日赤さかえ単組が誕生しました。

日本赤十字釧路さかえ保育園
労働組合結成宣言

 私たち、日本赤十字社釧路さかえ保育園に働く職員は昨年、園長による長年にわたるパワハラを止めさせたいと、立ち上がり全日赤個人加盟労組に加入し、本部支援のもと団交で追及しパワハラを止めさせました。
 そして、私たちはこの間、パワハラの再発防止と、保育内容の向上および労働条件の改善のためには、さかえ保育園に労働組合が必要であることを学び、全日赤個人加盟労組の組合員が集まって、本部と北海道地方協・釧路単組の援助を得て、今日まで準備を進めてきました。
 本日、私たちは組合員の期待や想いを一つにして、ここに集い労働組合結成大会を迎えました。そして、パワハラを二度と許さず、私たちの要求を実現するために私たち自身で運営し、活動する日本赤十字社釧路さかえ保育園労働組合を結成しました。今後、組合員一人ひとりが、様々な困難が待ち受けていることを覚悟しながらも、入所児や私たち働く者の処遇改善を求めて、全日赤や医労連、そして地域の労働者・労働組合に団結しながら、新たな気持ちで運動を進めることを、ここに参加した仲間の総意で力強く宣言します。

2010年1月30日
 日本赤十字社釧路さかえ
 保育園労働組合結成大会

このページのトップへ戻る

Copyright(c)2006 全日本赤十字労働組合連合会 All rights reserved.